若人に贈る
To Young

Home page に戻る

Main Object of Education:
Bertrand Russell from “Dear Bertrand Russell” 1969
Marriage and Morals: Bertrand Russell, 1929
Baedekerの旅行案内 (巻頭モットー、Bertrand Russell、高橋健二 
How I Write, 1951
 Man,
though his body is insignificant and powerless
in comparison with the great bodies of the astronomerʼs world,
is yet able to mirror that world,
is able to travel in imagination and scientific knowledge
through enormous abysses of space and time.

(Human Society in Ethics and Politics, 1954)

Edward Grey: Recreation 1919

Johann Wolfgang von Goethe ドイツ語原文収集ノート:吉田英生 1974-2016、
訳文
は「いきいきと生きよ:手塚富雄 1968」 ほか Gutenberg-DE wissen-im-Netz.info
Nikolas Boileau, L'Art poetique 詩法(1674) 原文全文
Romain Rolland, Jean=Christophe, LA REVOLTE, PREFACE A LA PREMIERE EDITION 1906
Climbing Mount Everest is Work for Supermen (George Leigh Mallory: The New York Times, Sunday, March 18 1923 タイプ入力版) 原文記事へ
A Matter of Ultimate Concern: Erich Fromm “The Art of Loving” 1956
John Steinbeck: The Grapes of Wrath 1939
Ernest Hemingway: The Old Man and the Sea 1952
Iʼm still flying at four thousand feet when I see it, that scarcely perceptible glow, as though the moon had rushed ahead of schedule. Paris is rising over the edge of the earth. Itʼs almost thirty-three hours from my take-off on Long Island. As minutes pass, myriad pin points of light emerge, a patch of starlit earth under a starlit sky — the lamps of Paris — straight lines of lights, curving lines of lights, squares of lights, black spaces in between. Gradually avenues, parks, and buildings take outline form; and there, far below, a little offset from the center, is a column of lights pointing upward, changing angles as I fly — the Eiffel Tower. I circle once above it, and turn northeastward toward Le Bourget.
Charles A. Lindbergh “The Spirit of St. Louis” (1953)

Antoine de Saint-Exupéry

André Maurois Au Commencement Était Lʼaction 1966 (アンドレ・モロワ: 初めに行動があった)

Антон Павлович Чехов: ОГНИ: チェーホフ:ともしび 1888

医師・ホプキンスの凱旋 (越智光夫: 文藝春秋 2013年9月 ©文藝春秋社の許諾を得て転載)
桑原武夫: おまえ思いつき言うてみい 1978
今西錦司: 大学の最後の退官講義を聞いた人の話では、退官講義というものは、たいがい長い過去の思い出を語る、しんみりとしたものだが、彼の場合は徹頭徹尾これからやろうという計画ばかりであったらしい。
井上ひさし: むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、そしてゆかいなことはあくまでゆかいに
井上ひさし: 悩みごとや悲しみは最初からあるが、喜びはだれかが作らなければならない Solitude (Ella Wheeler Wilcox)2001
Notes on the Writing of Scientific English for Japanese Physicists (Anthony J. Leggett:日本物理学会誌 1966年11月、同学会による複製許諾済み)
論文のための語学力 (中村輝太郎:科学英語論文のすべて 1983、1999)
研究者のための話し方教室:相手の理解力を知ることも大切 (近角聡信:英語口頭発表のすべて 中村輝太郎編著 1982)
Als wir noch Kinder waren: Eine New Yorker Utopie - mitten in der Katastrophe (Lady Manhattan), von Irene Dische, Die Zeit. September 20, 2001 「加藤周一:夕陽妄語 ─ソムリエの妻─ 朝日新聞 (夕刊) 2001年10月24日」で取り上げられた記事のドイツ語原文
Capt. Chesley “Sully” Sullenberger “We were simply doing the jobs we were trained to do.” (Miracle on the Hudson, NPR Jan. 25, 2009)
山内純二 全日空機長 (社会貢献支援財団: 川村隆 「私の履歴書⑲」 日経朝刊2015年5月20日に関連記事)
菊池誠:エレクトロニクスからの発想 (ブルーバックス1982年からの抜粋)
「教育」一私を勇気づけてきたラッセルと漱石の言葉 (吉田英生: 山岡育英会 「会誌」 2014年)
40年経っても心に響く二人の言葉 (吉田英生: 山岡育英会 「会誌」 2019年)
忘れられない「贈られた言葉」 (吉田英生 2015年3月31日 上の記事の前半部分の初出版です)
♪♪ ありがとう・さようなら  旅立ちの日に
Pocket English-Japanese Dictionary on Campus (edited by H. Yoshida, July, 1997)
Pocket English-Japanese Dictionary off Campus (edited by H. Yoshida, July, 1997)
Watt & Edison 管理人のロゴ
Home page に戻る